便秘を解消する7つの基本

便秘改善

便秘は強めのストレスを感じたり、生活リズムが崩れたりすると起きやすいですね。
便秘を治す7つのポイントを参考に、健康的な便秘改善をしたいですね。

基本中の基本の便秘解消です。

1.朝食を食べる!

朝は忙しいからといって学校や職場に行ってからということなく、「朝食後のトイレ」は習慣化しましょう。
身体が次第に

2.便意があったら我慢しない

便意を感じるのは、体からの自然な信号なのです。トイレに行きたいと思った時に我慢してしまう方は注意です。
我慢してばかりいると、体の排便の信号機能が鈍くなってしまいます。
便意があったらできるかぎりトイレにいきましょう。

3.食物繊維の多めの食事の選択

食物繊維

インスタント食品や外食ばかりをしていると「食物繊維」不足に陥りがちです。
溶けやすい「水溶性」と溶けにくい「不溶性」の食物繊維をバランス良く取りましょう。
海草、豆腐、芋、きのこ、こんにゃく、野菜類、穀類などを積極的にとるようにして便通を促しましょう。

4.水分補給も大切です

水分不足になると体は便からも水分を吸収するため便が硬くなり、腸から出にくくなってしまいます。
1日に約1.5~2.0リットルの水分が必要ですので意識して水分をとってください。
とくに起きぬけのコップ1杯の水は、便意を起こさせるのに最適です。(冷水でも温水でもOKです。)

腸(便)に水分を与える事が重要です。(便に油を含ませて快便ならば

5.適度な運動で腹筋をきたえます

運動不足によって腹筋が衰えると、便を出すための力も低下してしまいます。
寝起きに軽いストレッチをしたり意識して歩く習慣をつけると良いですね。

また、仕事や家事の合間に以下のような動作を入れると効果的です。

●椅子に座り、足を交互に上げて10秒キープする
●立った状態で太ももを片足ずつ上げる

意外と運動量が多い通勤ですが、コロナ禍で在宅勤務も増えて運動不足に陥りです。
自宅だと背筋も曲がり気味になりがちですので、ご自宅勤務でも腹筋と背中に緊張を持たせてください。

6.ストレスを解消してリラックス

転職、引越し、結婚などで生活環境が変わったり悩み事があると、ストレスから便秘になることがあります。趣味の時間をもち、リラックスタイムを作るように心がけましょう。

7.睡眠不足を解消

腸は睡眠中でも活発に動いており、副交感神経の働きで睡眠中も内臓の活性化がされます。
逆に寝不足で交感神経が高まると腸の活動は弱まり、便秘を引き起こしてしまいます。
そのため、ダイエット中は空腹で睡眠不足に陥ったりストレスを溜め込んだりして、交感神経が優位になり睡眠不足とならないようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました